1. TOP
  2. コラム一覧
  3. パライバトルマリンを高く売る方法とは?買取価格や価値基準についてもご紹介
コラム

パライバトルマリンを高く売る方法とは?買取価格や価値基準についてもご紹介

2022年12月1日
代表取締役 手塚 精一

宝石鑑定士 手塚 精一

パライバトルマリンを高く売る方法とは?買取価格や価値基準についてもご紹介

パライバトルマリンは、水色の美しい輝きを放つ10月の誕生石です。世界三大希少石の一つとして、コレクターからも注目度の高い特徴があります。

今回の記事では、パライバトルマリンの買取価格や価値基準、高く売る方法についてご紹介します。 ぜひ、パライバトルマリンについて詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

パライバトルマリンの基礎知識

パライバトルマリンは、ネオンブルーの輝きが美しい10月の誕生石です。なお、9月15日の誕生日石でもあります。トルマリンシリーズの宝石で、カラーバリエーションは他にもブルー系やグリーン系のものが確認できます。銅、鉄、マンガンが含まれていることで、鮮やかな色を発しており、蛍光性も強いです。モース硬度は7-7.5。和名は銅リチア電気石。主な産出国は、モザンビーク、アフリカ。石言葉は「勝利」「真実」など。何か新しいことにチャレンジしたい方、勝負事に勝ちたい方にもぴったり。パワーストーンとしては、幸運を引き寄せる効果があると言われています。

パライバトルマリンは、世界三大希少石の一つです。また、良質なものはダイヤモンドよりも価値が高いという特徴があります。香港のオークションでは、パライバトルマリンが使用されたイヤリングが、およそ3億円で落札されたという記録が残されています。

パライバトルマリンが初めて産出されたのは、1987年のブラジルのパライバ州にあるバターリャ鉱山。その鉱山では、一度発見されてからパライバトルマリンがすぐに底をついたことで、幻の宝石としても扱われています。ブラジル産のものは、小粒であっても圧倒的な存在感があるということです。パライバ州は、宝石の名前の由来にもなっています。また、ブラジルのパライバ州の後は、ナイジェリア、モザンビークで産出されるようになりました。しかし、色合いが薄いという特徴があります。

パライバトルマリンはどのようなものでも高価買取されやすいです。これから、ますます価値も上がる見込みがあります。お持ちの方は、宝石買取専門店に一度鑑定依頼を行ってみてはいかがでしょうか。

パライバトルマリンとその他宝石との大きな違い

パライバトルマリンとその他宝石との大きな違いは、宝石の産出量が少ないことです。見た目の美しさと希少性の高さから、宝石愛好家の方からも高い注目を集めています。良質なものでは、ダイヤモンドと同等の価値を持つということです。宝石の中でも蛍光性が強く、正面から見た時に暗い部分が見当たらないということで明るい印象があります。

パライバトルマリンに似た宝石

ここでは、パライバトルマリンに似た宝石についてご紹介いたします。

アパタイト

ネオンブルーのアパタイトは、パライバトルマリンに似ていると言われています。中には、代用して使用する方もいるほどです。しかし、モース硬度はアパタイトの方が低いです。傷つきやすい特徴があるので、できるだけ丁寧に扱うようにしましょう。

グリーントルマリン

グリーントルマリンは、パライバトルマリンに似ていると言われています。トルマリンシリーズの一つですが、黄色や茶色以外のものは、同じものと思えるほど似ていて、素人では判別しにくいです。

グリーンガーネット

グリーンガーネットは、パライバトルマリンに似ていると言われています。若葉を思い出すような淡いグリーン系のカラーをしていますが、水色に近いものは素人では判別しにくいほど似ています。

パライバトルマリンの買取金額の決定方法(価値基準)

パライバトルマリンは、どのような部分で価値基準が決まるのでしょうか。

ここでは、パライバトルマリンの買取金額の決定方法についてご紹介いたします。

不純物

1つ目は、不純物の量です。濁っておらず、透明感があるものは高評価を受けやすいです。インクルージョンが無いものはSランクと見られます。また、宝石の特性として、傷が多い傾向がありますが、できるだけ少ないものの方が高価買取されます。

産地

2つ目は、産地です。パライバトルマリンの中でもブラジル産の宝石は高品質なものが多く、高い人気を誇っています。

カラー

3つ目は、カラーバリエーションです。鮮やかなネオンブルーの色合いの宝石は人気が高く、高評価を受けやすいです。なお、薄いものよりは色が濃いものの方が高ランク。発光性が美しいパライバトルマリンは高価買取が期待できます。

カット

4つ目は、カットの美しさです。宝石の性質を活かした、デザイン性の高いパライバトルマリンは高価買取されます。

カラット数

5つ目は、カラット数です。数値が大きいものほど、比例して高価買取されやすいです。しかし、元々希少性が高い宝石となるので、小ぶりのものでも驚きの買取価格をつけられることがあります。

パライバトルマリンの買取価格の例

パライバトルマリンは、良質なもので1カラット50万円前後の買取価格がつくことがあります。ランクが低いものでも1カラット7,000円前後の買取価格がつきます。

パライバトルマリンを高く売る方法

パライバトルマリンは元々高く買い取られやすい宝石ですが、さらに金額アップを期待するなら、どのポイントを押さえると良いのでしょうか。

以下、ご紹介いたします。

コンディションを整える

パライバトルマリンはコンディションを整えた方が高く売れます。保存状態が悪いとみなされると査定額も下がりやすいので、日頃から丁寧にお手入れを行いましょう。

方法としては、柔らかい布を使って汚れを拭いたり、ぬるま湯に浸して洗ったりしましょう。しかし、超音波洗浄機を利用するのは欠けの原因になるのでNGです。

また、使用した後は専用のケースに入れることも忘れないでください。宝石同士、同じケースに保管しておくと傷がつく原因になるので、離しておくようにしましょう。

鑑別書を付属する

パライバトルマリンを売る時は、鑑別書を付属した方が高く売れやすいです。本物か偽物かが確認できて、鑑定にかける時間も短縮できるメリットがあります。とはいえ、鑑別書では品質評価は行わないということです。

パライバトルマリンは似ている宝石も多く、アパタイトやグリーントルマリンなどと間違って受け取られることも珍しくありません。鑑別書には、鉱物名・宝石名が記載されています。お手元にある方は、ぜひ確認してみてください。

宝石の正規店でパライバトルマリンを購入した場合、鑑別書が付属してくることが多いです。しかし、無くても宝石を売ることは可能なので、ポイントとして押さえておきましょう。

付属品を揃える

宝石についていた付属品はきちんと揃えた上で査定に出していきましょう。例としては、箱やケースが挙げられます。

また、付属品は単体では値段がつかないことがほとんどです。売った後に付属品が出てきたら、処分方法にも困るので、査定前までにはしっかり用意しておきましょう。

付属品の内容がわからない方は、宝石を購入したお店のHPを見ることでヒントを得られることがあります。ぜひチェックしてみてください。

宝石に特化した買取専門店を利用する

パライバトルマリンを高く売りたい方は、宝石に特化した買取専門店を利用してください。その道のプロの方に鑑定してもらえるので、納得のいく買取価格が提示されやすいです。

逆に、宝石に特化していない買取専門店を利用する場合、詳しくない方の手に渡ることも考えられます。パライバトルマリンは高価買取されやすい宝石ですが、場合によっては安価な買取価格を提示されることもあります。

宝石に特化した買取専門店かどうか調べるためにはお店のHPをチェックしてください。どのような人に鑑定してもらえるのかも記載されていることが多いので、ぜひ、お店に足を運ぶ前に確認しておきましょう。

宝石をまとめて売る

いらない宝石はまとめて売った方が高価買取されやすいです。点数が増えるごとに、元々の買取価格に上乗せされた金額が提示されやすいので、結果的に得をすることがあります。

宝石の種類としては、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド、真珠など、傷がついたものでもOKです。また、買取専門店によっては、期間限定で買取額アップキャンペーンを実施していることがあるので、併せて利用するのもおすすめです。

他にも、宝石以外に買取対象のジャンルを扱っている場合、併せて持ち込むこともできます。家の中がきれいになり、思わぬお小遣いに変わることがあるように一石二鳥です。

業者側としても人件費の削減につながるというメリットがあります。ぜひ、まとめていらないものを持ち込んでみてください。

複数の買取専門店を利用する

パライバトルマリンを高く売りたいなら、複数の買取専門店を利用する方法もおすすめです。最終的に一番高い金額を提示してくれたお店を選んで宝石を売ることができます。

手間と時間はかかりますが、一番損することがない方法と言えます。また、サービス対応など他の面について比較した上で、お店を決めることもできるでしょう。

実際に店舗に足を運ばなくても良い、LINE査定に対応しているお店もあります。自宅にいながら簡単にパライバトルマリンの買取価格がわかるので非常に便利です。

時間がある方は、自分に合った方法で複数のお店にパライバトルマリンの鑑定依頼を出してみてください。

まとめ

パライバトルマリンを高く売るには、宝石に特化した買取専門店を利用する方法がおすすめです。宝石に詳しいプロの方に見てもらえるので、納得のいく買取価格を提示されやすいです。

また、できるだけ鑑別書と付属品をセットにした上で査定に出していきましょう。

パライバトルマリンは、希少性が高く、ランクが低いものでも高価買取されやすい宝石です。 価値基準としては、ブラジル産のものが高評価を受けやすいです。

パライバトルマリンは、他にも似ている宝石があるので、本物かどうか確かめたい方も、ぜひ宝石に特化した買取専門店に鑑定依頼を行ってみてください。

今回は、パライバトルマリンの買取価格や価値基準、高く売る方法についてご紹介しました。

DD Japanなら、
最短5分でダイヤモンドの価値が分かります。

最新の記事

LINE査定なら最速5分で
買取価格が分かります