1. TOP
  2. コラム一覧
  3. アレキサンドライトの買取金額はどのように決まるか?買取相場や査定方法についてもご紹介!
コラム
宝石買取
2021年6月13日 23:59

アレキサンドライトの買取金額はどのように決まるか?買取相場や査定方法についてもご紹介!

アレキサンドライトの買取金額はどのように決まるか?買取相場や査定方法についてもご紹介!

アレキサンドライトは、6月の誕生石として知られる美しい宝石です。 日光の元ではエメラルドのような青緑色、夜のロウソクに照らされるとルビーのような赤紫色に変色する点が最大の特徴です。

神様のいたずらと称されるほどに奇跡的な特徴を持つアレキサンドライトは、希少価値が高く、高値で流通しています。

この記事では、アレキサンドライトの基礎知識や、買取金額の決定方法について詳しくご紹介します。 アレキサンドライトの売却を検討している方は、ぜひチェックしてください!

アレキサンドライトの基礎知識

アレキサンドライトは6月の誕生石として知られる宝石です。

昼のエメラルド・夜のルビーとも呼ばれ、太陽の下では緑色がかった深緑から青色、夜になりロウソクの明かりに灯されると赤紫や紫色・オレンジやすみれ色に発色する奇跡のようなジェムストーンです。

色の変化を変色効果・カラーチェンジと言われることが多く、この変色効果はクロムという物質のバランスによって生じることが分かっています。

アレキサンドライトの鉱物名はクリソベリルですが、クリソベリルの中でも色が変化するものだけがアレキサンドライトだと認められます。
硬度が高く傷つきにくい一面や、美しい輝きを放つ点、さらに、産出量が少なく希少価値の高い、高価な宝石としても有名です。

アレキサンドライトの歴史

アレキサンドライトはロシアのウラル山脈で発見されました。当時、若い年齢で王位後継者として名をとどろかせていたアレクサンドル2世にちなんで「アレキサンドライト」と名付けられたそうです。ロシアの国旗が赤と緑であるという点からも、ロシアに相応しい宝石として多くの人々から羨望の眼差しを受けました。

アレキサンドライトの種類

前述したように、クリソベリルの中でも変色効果を表すものがアレキサンドライトです。希少価値が高く、品質の良いものは非常に高価で取引されます。

通常のアレキサンドライトの他に、アレキサンドライト・キャッツアイと呼ばれる種類の宝石があります。
アレキサンドライト・キャッツアイとは、宝石の中に細長いインクルージョンが平行に並んでいるものです。アレキサンドライト以外の宝石でも見られることがあり、猫の目のように見えることからキャッツアイ効果と呼ばれています。
綺麗で質の良いキャッツアイ効果が見れるアレキサンドライトは非常に稀で、かなり高価な値がつけられます。

アレキサンドライトの産地

アレキサンドライトが発見されたのはロシアのウラル山脈でしたが、ウラル山脈はほんの数十年で閉鎖されました。ロシア産のアレキサンドライトは今でも高値で売買されており、ジュエラーからは羨望の眼差しを受けています。ウラル山脈は閉鎖されたものの、ロシアでは今でも僅かな採掘は続いています。

今では、ブラジル・スリランカ・タンザニア・ミャンマーなどがアレキサンドライトの産地です。強い変色効果を見せるものはほとんどなく、非常に希少です。

ブラジル産

1980年代にブラジルのエマチータにて、ロシア産に劣ることのない高品質なアレキサンドライトが採掘されました。近年は産出量が減少し、高品質なアレキサンドライトの採掘は限定されています。今では、19世紀に流通していた美しい変色効果を示すアレキサンドライトはほとんど産出されていません。

スリランカ産

スリランカで有名な宝石といえば、サファイアなどが挙げられます。スリランカ産のアレキサンドライトは、他の産地に比べて褐色がかった緑色に発色します。また、赤紫色ではなく、オレンジがかった赤茶色に発色する点もスリランカ産の特徴です。
比較的大粒なものが多いスリランカ産のアレキサンドライトですが、変色効果への魅力は低いと言われています。

タンザニア産

アフリカで唯一、大粒で宝石となる品質のアレキサンドライトが採掘されるのはタンザニアです。緑色〜青色・紫がかったピンク色に変色する点が特徴で、比較的変色効果が弱いものが多いです。

アレキサンドライトの買取金額の決定方法

アレキサンドライトは従来産出量が少ないため希少価値が高い宝石ですが、中でも カラー・クラリティ・カット・カラットが高品質であれば高値で買取されます。

ここでは、買取価格を決定する4つの要素について詳しく解説しましょう。

カラー

アレキサンドライトの最大の特徴である変色効果が強ければ強いほど高値で買取されます。 色は緑がかった深緑から青色・赤紫色で、彩度は強めのものが良いとされています。

カラーや変色効果が強いものはほとんど産出されないため、非常に価値が高いものです。
良質なカラーや変色効果を持つアレキサンドライトの場合は、それだけで高い価値が付けられるでしょう。

クラリティ

もともとアレキサンドライトには内包物がほとんどありません。
内包物が少なければ少ないほど高値で買取られますが、記事内で解説したキャッツアイ効果を示すものも非常に高い値がつけられます。
内包物が全くないものは非常に希少で、高い値段で買い取りされることがほとんどです。

カット

一般的にアレキサンドライトは、ステップカットのパビリオンとブリリアントカットのクラウンを組み合わせたミックスカットという方法でカットされます。

高値で買取されるカット方法は、原石の特徴に合わせたカットがされているかどうかという点で左右されます。 クラウンを通して宝石を見た際に、変色効果が強く表れるようにカットされたものが高品質なアレキサンドライトです。

カラット

一般的に流通しているアレキサンドライトのほとんどは1ct以下です。 大粒のものは非常に希少であるため、カラットの大きさは買取価格に大きく影響します。

カラット数は大きければ大きいほど価値が高いとされ、1ctを超えるものは値段も非常に高くなります。

アレキサンドライトを高く売る方法

アレキサンドライトの価値は、前述したようにカラー・クラリティ・カット・カラットで評価されます。しかし、アレキサンドライトをできるだけ高く売るためには他にも工夫できる点があります。

ここからは、アレキサンドライトを高く売る方法をご紹介しましょう。

コンディション

まずは宝石のコンディションです。宝石は見た目の美しさによって価値が決まるため、コンディションの良し悪しは少なからず価格に影響します。
保存状態が悪ければ宝石のコンディションが悪くなっている可能性もあるため、注意必要です。

しかし、アレキサンドライトは硬度が高く傷つきにくいという特徴がありますので過度な心配は不要です。買い取りの際はきちんと鑑定をしてもらうことができるため、 表面の埃や汚れを払っておくなどの簡単な処理をしておくといいでしょう。

付属品

宝石の価値などを科学的に証明する鑑定書がある場合は買い取り時に有利となる可能性があります。鑑定書がある場合は忘れずに持ち込むようにしましょう。

また、ブランドジュエリーの場合は箱やケースなどの付属品があれば、買取価格が多少プラスされる可能性があります。買い取りに出す前に、付属品があるかどうか確認しておくことがおすすめです。

最新の記事
LINE査定なら最速5分で
買取価格が分かります